微笑んでいる男性

環境支えて印象UP|ISO14001やISO22000の品質規格

効果的な認証取得への工夫

微笑み

取得の際の主な注意点

ISO22000は食品衛生に関する公的な基準を定めた規格の代表的存在として知られています。この規格を取得する事は、その組織が食品衛生に関する取り組みを行っている事を公的に評価される事に繋がります。この効果をより上げるための工夫として、品質に関する評価も併せて取得する事が挙げられます。ISO22000では食品を安全に取り扱うための工程に関する評価に絞った審査が行われるとされます。一方で食品の品質・鮮度自体や味といった、顧客満足にも繋がる項目については審査対象外となっています。こうした点から、要求事項に品質や顧客満足を含む認証も併せて取得する事で、より顧客目線を反映しているというアピールがしやすくなるとされます。

取得に向けたプロセス

ISO22000取得に向けた主なプロセスとしては、食品安全に関するマネジメントシステムを確立する事が必要となります。基本的にはシステムの内容を文書で明示化し、常にシステムを実施できる様な体制とする事が何より重要とされます。またそのシステム基準を維持するだけでなく、何か問題が起きた場合には内容を改定できる様にしておく事も求められます。こうした特徴から、ISO22000取得を検討する場合には食品安全システムに関する現状を把握する事が不可欠となります。具体的に最低限、抑えておくべき項目としてシステムに関わる商品と工程の範囲が挙げられます。システムの対象となる範囲において、商品や工程に対する安全面でのリスクを割り出す事と、そのリスクへの対抗策を思案する事が肝心となっています。またその上で、工程や対策に関する詳細な手順を併せて文書化しておく事も求められます。