微笑んでいる男性

環境支えて印象UP|ISO14001やISO22000の品質規格

食品衛生に関する基準

女性

注意すべき衛生上の要点

商品を扱った経済活動では、その品質や鮮度に充分注意して提供する事が、健全な活動を継続する上で欠かせない要点となっています。特に食品を扱う業務では、その衛生管理を徹底しなければ、経済的だけで無く社会的な信頼を一瞬で失う確率があるリスクとなります。こうした食品に関する衛生面を公的な審査によって問題が無い事を証明する仕組みの1種となっているのがISO22000とされています。ISO22000とは食品に対するリスクを、危害要因確認、現場、システム有効性という3つの観点で重視し、それらを審査する事で、組織や物品の流通に問題が無い事を証明する仕組みと定義されています。危害要因とは食品に対する理化学的な汚染要因を、現場とは実際に食品を取り扱う工程を、システム有効性とは安全計画の実施による効果をそれぞれ意味しています。これら3つの観点は食品衛生に対するリスクの大きな原因と考えられているため、注意すべき項目となっています。

活用される理由と主な利点

こうした特徴を持つISO22000は、現在では食品を扱う企業や団体にとって重要な安全性証明に繋がる認証と位置付けられています。特に現在では、国際的な展開を図る食品関連団体が増えている事から、ISO22000の有効性はより高くなっていると考えられています。そもそもISO22000は近年の食品安全マネジメントシステムに関する公的な評価の必要性が高まっていた事を受けて誕生した背景があります。元々存在していたHACCPと呼ばれる、食品製造工程上の危害要因管理を図った衛生管理手法と、ISO規格における品質管理の概念とが合わさって誕生した規格がISO22000だとされています。このHACCPによる管理手法は国際的に認められた手法となっています。したがってこうした誕生経緯を持つISO22000を取得する事で、その団体は食品安全性に関する国際的な信頼と継続的な衛生管理システムを有している事の証明が可能とされています。