微笑んでいる男性

環境支えて印象UP|ISO14001やISO22000の品質規格

食品の安全性の国際規格

オフィス

食品安全性の担保の証拠

ISO22000は食品安全基準における国際基準の認証です。昨今、食品の安全性について社会問題にもなっており、原産国などの情報にシビアになっている消費者も少なくありません。食品の原材料や添加物加工、洗浄や梱包、輸送、小売りに至るまで、食品を扱う企業にとってISO22000は食品の取り扱いの安全性を担保する唯一の証拠ともいえます。そのため食品を扱う業界では、人気のある認証項目にもなっています。しかし飲食店などにおいては出遅れています。飲食店では食品の加工から調理、提供まで行いますが、この認証をとっている店舗はほとんどありません。大手チェーン店などにおいても認証をとっているケースはまだ少なく、今後食品の安全性を担保する目安として人気が出る可能性もあります。

認証にはコストもかかる

飲食店ではありませんが、同じ料理を提供する結ホテルのレストランや結婚式場などにおいてはISO22000を取得している企業は数多くあります。その理由は、より安全な料理の提供を目指している風土が、一般的な料理店よりは高い特徴があるからです。また認証には一定の調査が入りますので、それなりの準備などもかかります。チェーン店などは店舗毎の取得になるため、全店舗取得していないと消費者へのアピールがしにくい特徴も持っています。そのため飲食店でISO22000を取得しようとする動きが遅れているのです。しかし、認証をとることでその店舗は安全性が高いことをアピール出来るため、多少の時間やコストは掛かっても必須事項にすべきであると考えている企業も少なくありません。